西野カナ「さよなら」サビ
着うた着メロ【入り口】





西野カナさんがドラマの主題歌に抜擢されるのは初めてNHKドラマの「ガラスの家」は主役の井川遥さんが夫とその息子との秘密の恋を描いた大人なドラマです。

めずらしいバラードでしっとりとした落ち着いた曲になっている『さよなら』ですが、失恋をテーマにしているのでドラマの人間関係と照らし合わせ聞くともっと深い曲になっています。

お互いが好きなのに事情でわかれることになってしまった男女を描いたバラードなのでドラマにぴったりあいそうですね。

10代や20代の恋愛ソングが多かったイメージの西野カナさんからどの世代にもぐっとくる恋愛ソングが聞けるのは表現力の幅が広がったからかもしれませんね。

「さよなら」のミュージックビデオも雨の中の別れのシーンが切なく赤い傘が印象的に写るのが別れの曲なのになんだか悲しいだけではない感じが伝わってきます。

ドラマの主題歌にもなっているのでいままで西野カナさんの曲を聞かなかった世代にも浸透しているようでこれからも新しい曲がドンドン聞けそうです。
| »